ウサギのDNAが強力な空気清浄機に!観葉植物で実験した結果が凄い。

愛でていても可愛いウサギですが、なんとこの度ウサギのDNAで空気清浄が出来るということが判明。

観葉植物で実験した結果、驚きの力を発揮したのでご紹介します。

ウサギのDNAに空気清浄作用があることが判明!

普段生活している部屋の空気中には有害物質が含まれていることをご存知でしょうか。

そう、建材や家具に含まれるホルムアルデヒドや、大気中のクロロホルムなどは空気中の有害物質として知られています。

観葉植物はそのような物質を除去してくれる効果がありますが、
しっかりと除去しようとすると、30㎡あたり大きな観葉植物を2つ置かなければなりません。

しかし、アメリカ・ワシントン大学の研究にて、観葉植物の空気清浄パワーを一段強化する方法が判明したのです。
その方法はなんと「ウサギのDNA」を使うということ。

植物にウサギのDNAというなんとも不思議な組み合わせですが、
こんな実験を行って驚きの結果が判明しました。

ウサギのDNAの実験

研究者たちはポトスを使用し、このような実験をしてみました。

観葉植物のポトスのゲノムにウサギの遺伝子『CYP2E1』(※1)を移植。
れを容器に入れてから中にベンゼンとクロロホルムガスを注入。

※1この遺伝子は、ベンゼンやクロロホルムなど、一般家庭でよく見られる多くの有害物質を分解できる「CYP2E1」という酵素の情報を持つもの。
アルコールを分解してくれる酵素で、これをたくさん持つ人ほどお酒に強くなるというとも言われています。

3日後に容器内のガス濃度を確認すると、ウサギのDNAを移植したポトスを入れた容器内の濃度が大幅に低下していたことがわかった。

一方、対照実験として用意された、何も手を加えていないポトスを入れた容器と植物を入れていない容器では変化がなかった。

研究チームによると、この生きた空気清浄機のパワーは一般に市販されている空気清浄機にも匹敵するといいます。

ただし研究論文は、普通の空気清浄機に比べた場合のウサギDNA植物のメリットについて一言も触れていません。
家電と比べて、価格や環境への負担という点で違いがあるのか知りたいところですね。

しかし、たとえそうした点で従来の家電とまったく変わらないのだとしても、
植物と動物のハイブリッドが家の中にあるというだけで、未来に生きている気分になるのではないでしょうか。

ウサギが私たちの生活を良くしてくれるなんて、なんとも素敵なことですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です