まるで雪見だいふくみたいなホッキョクウサギが「立った時」のギャップが凄すぎる笑

雪見だいふくのようなフォルムのホッキョクウサギ。

丸々としていてついつい癒されてしまいます。

ホッキョクウサギのモフモフ感が半端ない!

まるで雪見だいふくを彷彿させるようなそのフォルムの持ち主は『ホッキョクウサギ』。
名前の通り、北極圏や山地のような極寒の環境に適応しており、グリーンランドのツンドラ地域からカナダの北端にかけて生息しています。

極寒地域で生存するために体表は厚い毛で覆われており、夏の期間が非常に短く、
体毛の生え変わりが無い場合が多く、年間を通して白色のままだといわれています。

 

通常は単独で行動しているのですが、ときに大規模な群れを作って行動することも。
足が意外と速くて、時速60km出ることもあるようです。

 

立ったときのギャップが面白すぎる笑

そんな雪見だいふくのようなホッキョクウサギですが、立ったときのギャップが過ごすぎると言われています。
その写真がこちら。

脚が長すぎる・・・!!!!

流石、時速60kmでるだけありますね…(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です